RADWIMPS – ‘I’ Novel 歌詞



RADWIMPS (ラッドウィンプス) – ‘I’ Novel Lyrics 歌詞


RADWIMPS (ラッドウィンプス) – ‘I’ Novel Lyrics 歌詞

Album: 人間開花 (Ningen kaika)
Lyricist & Composer : 野田洋次郎 (Yojiro Noda)
Release date: 2016/11/23
Language: Japanese

RADWIMPS – ‘I’ Novel KANJI LYRICS

ずいぶん長らく歩いてきたような そんな気がしていただけなんだ
小説にしたらせいぜい まだ三行目あたりのこの人生
カバーもまだ 題名もまだ 決まらずに書き始めちゃったから
どこでどうしてどうなってって順序よく 収まりつかないや
今日はただただもう さぁダラダラしようと 物思いにふけてても
早くも僕の胸はもぞもぞと動きだす だって
心臓は脈打ち 何ccかの血を全身へと送りだしを繰り返し
今日も休まず僕は僕を生かし
辻褄あわぬストーリーに ほろ苦い顔で見るストーリー
誇れるほどのものはまだないが 僕だけに光るものはあんだ
塗りつぶしたい? 破り捨てたい? 過去があろうとも汚れのない
物語など僕は惹かれない あぁ 一瞬先の自分さえ
もう待てないよ 今すぐでも会いたいよ
うかうかしてらんないの
はみ出した君の痛みが 壊れないようにと涙した
ひょっとしたら もしかしたら それはいつかのあの僕だった
輝いた朝の光が 水たまりを蹴って飛び散った
あのどれかが今の君なら いいな いいな
どっかの誰かが勝手に君のことを あーとかこーとか言ったり
いつのまにか 君のブックの表紙に名前 勝手につけて
頭きたよ 頭悪いけど あんたに言われる筋合いはねぇから
とっとといなくなっとくれ これ電車賃 受け取っとくれ
どうにもこうにもいかない時でも どうにかこうにか
ここまできたんだよ 今自信を持って言えるのは
僕を乗りこなせんのは こいつの勝手がそうわかんのは
他にゃいないんだ このおいらにゃこのポンコツくらいが丁度いいんだ
でもあわよくば まぁいつの日か この僕のこと この僕よりも
より分かって笑ってくれる人と 出逢えるといいな なんて
その時まで待てないよ 今すぐ抱きしめたいよ
この手で温めたいよ
飛び出した白い光が 奇跡と合わさって芽を出した
それが僕なら いいさそれなら いっそ奇跡使い果たすんだ
溢れ出した君の涙が 無駄にならぬようにと駆け出した
それを見た僕が胸に抱く気持ち なんて美しいんだ
1秒先で輝いて 見えるものだけ追いかけて
「間違いなんてないんだから」 そんな言葉を真に受けて
ゼロで生まれた僕なのに 今名前を呼ぶ人がいて
当たり前などない脳に 産み落としてくれて ありがとう
例え1ページで終わる命も 1000ページに及ぶ命も
比べられるようなもんではない 同じ輝きを放つに違いない
あいまい 何の気ない 言葉延々紡ぐ暇などない
1ページを生きた少年の 本には誰よりも光る一行が
綴られているんだ そう信じてやまないんだ
もうジタバタしてたいんだ
僕もどれだけ遺せんだ ねぇどれだけ生きれんだ
時間以外の単位で
はみ出した君の痛みが 壊れないようにと涙した
ひょっとしたら もしかしたら 君の優しさの影だった
輝いた朝の光が 水たまりを蹴って飛び散った
あのどれかが今の君なら いいな いいな いいな

RADWIMPS – ‘I’ Novel ROMAJI

Zuibun nagaraku arui te ki ta yō na sonna ki ga shi te i ta dake na n da
shōsetsu ni shi tara seizei mada san kō me atari no kono jinsei
kabā mo mada daimei mo mada kimara zu ni kakihajimechatta kara
doko de dōshite dō natte tte junjoyoku osamari tsu ka nai ya
kyō wa tadatada mō sā daradara shiyo u to monoomoi ni fukete te mo
hayaku mo boku no mune wa mozomozo to ugokidasu datte
shinzō wa myakuuchi nani cc ka no chi o zenshin e to okuridashi o kurikaeshi
kyō mo yasuma zu boku wa boku o ikashi
tsujitsuma awa nu sutōrī ni horonigai kao de miru sutōrī
hokoreru hodo no mono wa mada nai ga boku dake ni hikaru mono wa an da
nuritsubushi tai? yaburisute tai? kako ga aro u to mo yogore no nai
monogatari nado boku wa hikare nai ā isshun saki no jibun sae
mō mate nai yo ima sugu demo ai tai yo
ukauka shi te ran nai no
hamidashi ta kimi no itami ga koware nai yō ni to namidashi ta
hyottoshitara moshika shi tara sore wa itsuka no ano boku datta
kagayai ta asa no hikari ga mizutamari o kette tobichitta
ano dore ka ga ima no kimi nara ii na ii na
dokka no dareka ga katte ni kimi no koto o ā to kako ? toka ittari
itsunomanika kimi no bukku no hyōshi ni namae katte ni tsuke te
atama ki ta yo atama warui kedo anta ni iwareru sujiai wa nē kara
tottoto i naku natto kure kore densha chin uketotto kure
dōnimo kō ni mo ika nai toki demo dōnika kō ni ka
koko made ki ta n da yo kon jishin o motte ieru no wa
boku o norikonasen no wa koitsu no katte ga sō waka n no wa
ta ni ?inainda kono oira nya kono ponkotsu kurai ga chōdo ii n da
demo awayokuba mā itsu no hi ka kono boku no koto kono boku yori mo
yori wakatte waratte kureru hito to deaeru to ii na nante
sono toki made mate nai yo ima sugu dakishime tai yo
kono te de atatame tai yo
tobidashi ta shiroi hikari ga kiseki to awasatte me o dashi ta
sore ga boku nara ii sa sorenara isso kiseki tsukaihatasu n da
afuredashi ta kimi no namida ga muda ni nara nu yō ni to kakedashi ta
sore o mi ta boku ga mune ni idaku kimochi nante utsukushii n da
1 byō saki de kagayai te mieru mono dake oikake te
‘machigai nante nai n da kara’ sonna kotoba o shinni uke te
zero de umare ta boku na noni kon namae o yobu hito ga i te
atarimae nado nai nō ni umiotoshi te kure te arigatō
tatoe 1 pēji de owaru inochi mo 1000 pēji ni oyobu inochi mo
kuraberareru yō na mon de wa nai onaji kagayaki o hanatsu ni chigai nai
aimai nani no ki nai kotoba enen tsumugu hima nado nai
1 pēji o iki ta shōnen no hon ni wa dare yori mo hikaru ikkō ga
tsuzurare te iru n da sō shinji te yama nai n da
mō jitabata shite tai n da
boku mo dore dake nokose n da nē dore dake ikire n da
jikan igai no tani de
hamidashi ta kimi no itami ga koware nai yō ni to namidashi ta
hyottoshitara moshika shi tara kimi no yasashi sa no kage datta
kagayai ta asa no hikari ga mizutamari o kette tobichitta
ano dore ka ga ima no kimi nara ii na ii na ii na