HoneyWorks meets 乃木坂46 – 大嫌いなはずだった。歌詞



HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46 (Nogizaka46) – 大嫌いなはずだった。Lyrics 歌詞 MV


HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46 (Nogizaka46) – 大嫌いなはずだった。Lyrics 歌詞 MV

Single: 大嫌いなはずだった。(Daikiraina hazudatta)
Lyricist: HoneyWorks
Composer: HoneyWorks
Release date:
Language: Japanese

HoneyWorks 乃木坂46 – 大嫌いなはずだった。 KANJI LYRICS

君の声一つでこんなにも変われるって
やっぱり君なんだ君じゃなきゃダメなんだ
「何組になったの?君は」
さりげなく聞いた
「同じクラス?どこでもいいけど」
「一緒がいいと思ってる?」
意地悪で聞いた
「同じだよ!センパイしなくちゃね」
「レギュラー取るから見に来てほしい」
「約束しちゃったからね」
君は“負けるな”って叫んでいた
君の声一つでこんなにも変われるって
やっぱり君なんだ君じゃなきゃダメなんだ
あなたの真っ直ぐが大嫌いなはずだった
「私のヒーローかもね」
目が合って気づいた
胸がキュンと鳴いた
「文化祭一緒に回ろう?」
勢いで聞いた
「休憩中どうせ一人だろ」
「彼氏面するのやめてよ」
嫌いじゃないけど…
「置いていくよ!一緒に行くんでしょ?」
二人を噂話笑う声
「苦手だな、冷やかされるの」
僕はイタズラに手を繋いだ
どんな辛い時も笑顔にさせてやるって
やっぱり君は「笑顔が似合う」って事だよ
「そんなの分かってる」強がりの言葉だった
本当はありがとう伝えたかったごめんね
「意地張ってごめんね…」
友達からは“諦めなよ”と笑われた
「生憎諦めは悪いほうだ」
「今夜」
「今夜?」
「会える?」
「いいよ」
「聞いて」
「なあに?」
「話」
「聞くよ」
“好きな人はいますか?”
遮って君が言う僕の気持ち見透かして
「私好きな人がいるの、ずっと好きなの。」
気まずい顔してる君が逃げる
「何でかな、胸がチクチク…」
君を追いかけて叫んでいた
ずっと変わらないよ誰かを好きでいても
やっぱり好きなんだ大好きだこれからも
あなたの真っ直ぐが大嫌いなはずだった
「私のヒーローなんだ!」
目が合って気づいた胸がキュンと鳴いた
…意識しちゃった。

HoneyWorks 乃木坂46 – 大嫌いなはずだった。 ROMAJI

Kimi no koe hitotsu de konnanimo kawareru tte
yappari kimi na n da kimi ja nakya dame na n da
‘nan kumi ni natta no? kun wa’
sarige naku kii ta
‘onaji kurasu? doko demo ii kedo’
‘issho ga ii to omotteru?’
ijiwaru de kii ta
‘onaji da yo! sen pai shi naku cha ne’
‘regyurā toru kara mi ni ki te hoshii’
‘yakusoku shichatta kara ne’
kimi wa “makeru na” tte saken de i ta
kimi no koe hitotsu de konnanimo kawareru tte
yappari kimi na n da kimi ja nakya dame na n da
anata no massugu ga daikirai na hazu datta
‘watashi no hīrō kamo ne’
me ga atte kizui ta
mune ga kyun to nai ta
‘bunka sai issho ni mawaro u?’
ikioi de kii ta
‘kyūkei chū dōse ichi nin daro’
‘kareshi mensuru no yame te yo’
kirai ja nai kedo?
‘oi te iku yo! issho ni iku n desho?’
ni nin o uwasa banashi warau koe
‘nigate da na, hiyakasareru no’
boku wa itazura ni te o tsunai da
donna tsurai toki mo egao ni sase te yaru tte
yappari kimi wa ‘egao ga niau’ tte koto da yo
‘sonna no wakatteru’ tsuyogari no kotoba datta
hontōwa arigatō tsutae takatta gomen ne
‘iji hatte gomen ne?’
tomodachi kara wa “akirame na yo” to waraware ta
‘ainiku akirame wa warui hō da’
‘konya’
‘konya?’
‘aeru?’
‘ii yo’
‘kii te’
‘nāni?’
‘hanashi’
‘kiku yo’
“suki na hito wa i masu ka?”
saegitte kimi ga iu boku no kimochi misukashi te
‘watashi suki na hito ga iru no, zutto suki na no.’
kimazui kao shiteru kimi ga nigeru
‘nande ka na, mune ga chikuchiku?’
kimi o oikake te saken de i ta
zutto kawara nai yo dare ka o suki de i te mo
yappari suki na n da daisuki da korekara mo
anata no massugu ga daikirai na hazu datta
‘watashi no hīrō na n da!’
me ga atte kizui ta mune ga kyun to nai ta
? ishiki shichatta.